借地権とは

不動産を調査する際に必要になるのが登記事項証明書です。登記簿謄本とも呼ばれています。登記事項証明書を取得して、土地と建物の所有者が異なっている場合は借地権の可能性が高くなります。

借地権とは建物を建てるための土地を他人から借りる権利のことであり、建物の所有を目的にしています。土地を借りて建物を建てている人を借地権者といい、所有している土地を貸している人を借地権設定者と言います。借地権は土地を貸している人が設定する権利です。

借地権借地権は土地を借りて、その上に借り主名義の建物を建てることを目的にしていることから、原則として建物を伴わない土地だけを借りるものではありません。貸し主が取りを借り主に貸す際には、土地の賃貸借契約を結ぶことになります。賃貸借契約で定められる内容としては、貸し出す土地の面積、貸し出す期間、月々の地代、更新や返還をする際の取り決めなどです。契約が成立すると借地人は自分の費用で建物を建築して、建物の名義を自分の名前で登記します。その後は取り決めた地代を月々支払うことになります。

借地権では地代の他にも様々な費用が発生します。まずは更新料です。一定の契約期間が終了し、契約が満期になると借地人は貸し主に更新料を支払う義務があります。またこの他にも建物の建て替えや大規模な改築、用途の変更、譲渡や名義変更などでも、貸し主への承諾料という名目で費用を支払うことになります。

借地権には現在、旧法と新法が入り混じっていることで混乱してしまうという人もいます。そこでここでは借地権の旧法と新法の違いについて紹介させていただきます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket