地主のメリット

旧法と新法の違いについては地主のメリットに大きな違いがあります。旧法では土地を借りている借地人の権利を保護することに重点を置いており、旧法では土地を借りて契約更新を続けていけば、半永久的に土地の契約を継続することができました、契約には最低限の期間が定められていますが、ほとんど自動的に更新されている状態であったと言えます

地主このことから旧法は土地を貸し出している地主にとって不利な法律であると言え、旧法では借地人に更新の意思があれば、地主側の都合で契約を解除するのは非常に困難であり、更新が原則とされていると解釈できる内容でした。更新が続けられる限り正当な事由がなければ土地の返還を求めることができませんが、正当な事由には明確な解釈がなく、地主側が権利を主張するのが難しい状態になっていました

新法は土地から立ち退いて欲しい地主と立ち退きたくないと長期間居座る借地人とのトラブルを回避することができる法律であり、地主にメリットが多い法律と言えます。ただし、旧法で契約をしている借地権に関しては新法が施行された後の旧法が適用されています。旧法が適用されるケースは年々減少していますが、まだまだ借地権に関しては旧法と新法が入り混じった状態が続きます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket